燻製スタイル

ここ数年、ずっとBIG兄と妄想に妄想を重ねていた”燻製”
先日の新年会翌日に、急に燃え上がり、スモークウッドを安定のAmazonから購入。
1週間、煙への憧れで悶々としながらやっと作りました。

IMG_2797

さんざん掘り下げた結果、今回は温度が安定しやすいと言う噂のスモークウッド。
燻製には、熱燻、温燻、冷燻とさまざまな方法があるようですが、さすが冬の北海道、外でやれば自然と冷燻に。
熱燻にしたくても、温燻にしたくても、装備の無い屋外でやれば、なんでもでも冷燻。
素材によって、本来方法を選ばなければならないようですが、今回はそんなの関係ありません。
多分美味しく出来るはず。

Big兄に燻製をする為の装置”スモーカー”作成を任せ、スモークウッド片手にスキップしながらBig兄宅へ。
さぁ、いざ行かん、煙の彼方へ。
IMG_2798

奥様方に食材を買い出ししてもらっていたので、後は並べるだけ。
IMG_2803

今回の食材は、加工肉一式と、チーズ、そして燻製界で評判の良い豆腐とトマト。

ちなみに豆腐は

IMG_2796

前日に、塩をまぶし、重しをのせ水分を十分に切っておきました。
後は、ただひたすら待つだけ。
この、待つだけと言うのが非常に暇で、燻製一年生の僕たちは途中気になり過ぎ、何度もふたを開ける始末。
燻製中ってふた開けてもいいのかしら。でも、そんな事はおかまい無し、取りあえずチャレンジする事が大切です。そうチャレンジ一年生。

僕は昼間からのビールに舌鼓をうち、「後は待つだけだから、出来上がったら電話して」と、いったん自宅にて待機。

そして、ついに、Big兄からの「宴を開始するぞ」の連絡。

ドン!!
IMG_2810

ドドドン!!
IMG_2812

そして、ドン!!
IMG_2814

感想。
燻製になりたい。

ちなみに、翌日、Big兄は我慢しきれなくなり、

IMG_2823

たらこの燻製も作ってました。
これも奇跡の美味さ。

しばらくの間は燻製にハマりそうです。って話。

投稿者: theboss

最年長から数えて3番目の人。 クルーで最もでかく、クルーに「無駄にでかいだけ」といつも陰口をたたかれていることは秘密。 動きに常に無駄があり、 「無駄に同じ弁当を2個食べる」「無駄に露出する」「無駄に物を分解する」 というように、クルーにつねに「無駄」を指摘されるが、クルーのヤングチームにはなぜか無駄に恐れられる。 nutstownの電気系はすべてこの人。 「ただでかいだけじゃなくて、無駄にでかいんだって。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください