仮名

デザインとしての日本語といえば、やはり書道ですか?
海外だとカリグラフィあたり。
デザインという概念はとても広いものであって狭義で言うと文字を美しくというのが適正なところでしょうか。

文字、それは人類最大の発明の1つであり、それに対する尊敬心は計り知れないものであり、時に人は異国の文字に憧れを持つものでもあります。
先日の続きになりますが、本日は仮名に着目した日本語のタトゥー。

t1
※このタトゥーではない。

では、ある種の反面教師として、しっかりとこの事実を受け止めてください。

そこにトマトがある限り、

t2

スカーレットもそこに存在する。

t3

いつも、その隣には

t4

ケンヂが立っていて、

t5

どんな事も面白くしてくれる。

t6

嗚呼、分かってるけど、どうしても言わずにはいられない。

“それ、なんかまちがってる。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。