TAIPEI スタイル 第五夜

TAIPEI スタイル 第五夜
第四夜をご覧になっていない方は”TAIPEI スタイル 第四夜“からご覧ください。

さてさて、台北三日目!!
前日は最後の最後であのフレーバーにヤラレタ僕ですが、三日目はオールフリーの日!!
食うぞー、見るぞー、いっぱい動くぞー!!と意気込んでいましたが、前日の天気予報は雨。

51

しかし、nutstown奇跡の晴れ男な僕の力か、この日は快晴!!
最高!!

52

まずは、高さ508メートルを誇る台北101へ!!!
ここは、2008年まで世界で一番高い建物だったそうです。

53

中はオシャレなショッピングモールとオフィス街になっており、小市民な我々には手が届かない様なハイブランドがたくさんありました。
とても綺麗な建物です。

54

早速目玉の展望台へ。
以外に安い500ドル。
こういうところのはもっと高いものだとおもってました。

55

いざエレベーターへ!!
後から知ったんですが、ここのエレベーターはギネス認定もされたほどの高速っぷりで、信頼と安心の東芝でございます。(サザエさん風にお願いします。)
あまりの早さに僕の耳が空まで飛んで行ってしまいました。

56

どん!
約400メートル弱からの眺め!!!
うーん、正直言ってあまりの早さで到着してるから、あまり実感無し!!

57

しかも、一気に悪天候に。
せっかくの眺めが・・・

58

でも、歩いてみる台北とはひと味違った雰囲気です。
こうして見ると、本当に台北って一軒家が無く、すべてアパートなんだなーと感じます。

59

展望台にはこんなプロジェクションがありました。
かわいいお姉さんがいろいろ説明してくれているのですが・・・

60

この薄さ!!
日本に負けじと劣らないテクノロジー文化をみることが出来ました。

61

他にも、こんなところで日本を感じたり。
日本のオタク文化ってすごいな。

62

当然の事ながら、ここでも台湾ビアは外しません。
これは、1つ買うと2つついてくるタイプでした。

63

ビールと一緒にたべたジャガイモのグラタン的なもの。
あのフレーバーに恐れる事無く、非常に美味しくいただく事が出来ました。

64

もう一つ、の見所は、このダンパーです。
この台北101のキャラクターにもなっているダンパーは車のそれとは大違い、とても巨大でした。

65

ウィル・スミスもジェイデンと一緒に来たみたい。

66

展望台を堪能した我々は、帰りのエレベーターまで歩いていると、台湾人のお兄さんに声をかけられ、ある注意を促されました。
それは、周りに十分注意して!というような内容だったのですが、正直なところちょっとショックを受けました。
いつか、そんな注意も必要ないようになれればいいのにな。

と、気を取り直して、パンダちゃん!!

67

そして珊瑚の彫刻!!

68

国立故宮博物院でも見ましたが、ここに飾られているものも、ものすごい精密さでした。

69

この塔とかヤバい。
そして、地上に降りて来た我々は次ぎなる場所へと移動する前に、フードコートで腹ごしらえをー・・・・

70

うまそーーーーーーーーーーー!!!!!!!
でも知ってるよ。

“一方で、油で揚げたエシャロット、ニンニク、メボウキ、コリアンダーなどといった、香りの強い薬味も好んで加えられる。”

やっぱり、あのフレーバーは健在でした。

おまけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。