幸せを届ける仕事

coca-cola-open-happiness

泣く子も黙る大企業、コカ・コーラ。
当然、企業は利益を追求するものですが、企業の利益とはお金だけなのか。
目標はお金でも、結局のところ「仕事」の対価というのは、「人を幸せにする」ことなのかもしれないと、感じさせる、コカ・コーラ社のプロジェクト。

インドとパキスタンはその建国のプロセスと土地から、今もいがみ合っている状態。
でも、人と人は繋がってHAPPYにならないと!!というプロジェクト。
お互いの国の人々が同じ事を同時に行うことで、コーラが出てくる、それと一緒に幸せもでてきちゃう。

自動販売機から出てくるのは1本のコーラ?

ブラジルではトラックがみんなに小さなHappyを

ロシアでも!

サンタさん!!

でっかい企業になればいろんな批判があっても、でっかい企業だとこんな風に人を幸せな気分にもできちゃうんですね。
広告といえばそれまで。
でも、こんな広告で、自分の会社も人もHAPPYにできるならいいなー。

いろんな仕事の形があり、いろんな人がいて、そして人それぞれだけど、僕もどこかの人を幸せできていると思いながら明日からも頑張りたい。

ちなみに、飲みすぎ注意。僕のように肥えます。っつーでーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。