OKINAWA スタイル 最終夜

OKINAWAスタイル 最終夜です。
第8夜をご覧になっていない方は是非こちらもどうぞ。

OKINAWA スタイル 第8夜

あーまた沖縄に行きたい。
すでに北海道は僕の住んでいる地域でも1ケタ台の気温。
場所によっては氷点下ですよ、奥さん!!

さて、ついに最終夜となった今回は、沖縄県民手帳の写真からスタートします。

この県民手帳、とある方からの頂き物です。

前回の最後にも書いた通り、「このお店にはいりたい!」というわがままを、同行者一同が聞いてくれたおかげで入る事ができた地元の小さなお店。
入った瞬間です。

「今日は食べ物もなにも作れないから、なんか、パッとしないよ?」

こんな感じの事を、ママに言われます。
ママ、推定50代後半。

「あれ、もう店締めるのかな?なんか歓迎されてない感じかな?」

こんな事を思いながらも、持ち前の無神経さで、「大丈夫大丈夫、今食べて来たばかりだから!!」と言い放ち、カウンターで飲んでいたおじさんの隣に半ば強引に座る我々。

「なに、のむさ。」

せっかく沖縄にきたから、未だに手を出していなかった泡盛を飲む事にします。

「あんた達、東京から来たのか?」 -ちがうちがう
「え?北海道?」 -しかもど田舎

こんな会話をしているうちに、なぜか当初の「ちょっと迷惑そう」な雰囲気から一気にフレンドリーに。

「ビール飲みたかったら自分でつぎにいって」
「この柑橘泡盛にいれれば美味しいさ」
「いやー雪みてみたいわー」

話に花が咲くだけ咲いて、気がついたらママが、ガサゴソ、ガサゴソ・・・ジューーー・・・・

WoW!!!居酒屋で食べたかったのに食べれなかった、ヘチマ!!!!

気がついたら、のれんを下ろして、

「ママもそっち行くから、料理その広い方に持って行って」

で、気がついたら、

こんな感じ。
ママ、お客さん1名、我々でどんちゃんどんちゃん、さらには、ママの息子さん(ナイスガイ、超いいこ!!)が仕事帰りによってくれて合流。
結局3〜4時間このお店に居座らせていただき、お土産もいただき、沖縄最後の夜でとってもいい思いでになりました。

また行ったら、絶対行くから。ママ。待っててね。

そして迎えた最終日。
晴天。
台風の影響もあり、一度もビーチに行っていなかった我々。
昨日のお店で、「本格的なビーチには行けなくても、波の上ビーチなら空港からも近いし、いってみればいいさ」と言われていたので、

波の上ビーチへ。
小さなところでしたが、さすが沖縄の海はきれいでした。

沖縄のビーチはビーチ。我々の住んでいるところは浜。
浜は浜で大好きですけどね。

小さな子も水浴びしてました。

こうして、あっという間に過ぎて行った4泊5日の沖縄Trip
帰りの飛行機では、あした順子師匠の漫談を聞きながら、沖縄を思い一人涙をこらえていたのは内緒です。

今回の旅で出逢った方々、とてもいい方ばかりで、本当にどうもありがとうございました。
大変お世話になりました。
今度は是非、北海道にも遊びに来てね。

とりあえず、沖縄、最高だったよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。