OKINAWA スタイル 第2夜

OKINAWAスタイル 第2夜です。
第1夜をご覧になっていない方は是非こちらもどうぞ。

OKINAWA スタイル 第1夜

観光客がごちゃといる街、国際通り。
入り口にはシーサー

ものすごい人だかりと思っていましたが、これでも人の数はかなり減ってしまったとのこと。
やっぱり、時代の流れはどこの地域でも同じものなんだなとしみじみ感じました。

写真がぶれぶれになっていますが、

国際通りでなにかの楽器を弾いていた美女。
(ちょうど雨が降ってきてしまい、すぐに居なくなってしまいましたが・・・)

だんだんと雨が激しくなって来たためこの日はホテルに退散。
さっそく、オリオンビールの飲んで就寝。

翌朝、ホテルの窓から外をながめてみると

うん、天気が悪い。
風もだんだんと強くなって来ていました。

しかし、もしかしたら全日程雨になるかもしれないという懸念から、とりあえず行けるところは行ってしまおうということに。

晴れた日はものすごいきれいだという噂の海中道路へ向かいます。
そのそばの道路には・・・

なぞの交通安全オブジェが。
わやゆるい。

海中道路を渡りはじめた頃には風が強くなりはじめ、写真を撮れなかったのですが、確実に晴れた日は素晴らしい景色なはず。

その後、せっかくここまできたので浜比嘉島に渡ります。

浜比嘉島は僕が思い描いていた沖縄そのもので(那覇市はかなり都会でした。)きれい(であろう)な海に岩々、南国の植物。

さらに奥地にあったシルミチューまで行ってきました。
シルミチューを見学した後は、これまで鳴いていなかった虫達が急に鳴きはじめ、「なんだなんだ?」と驚いていたところ、車に乗った瞬間、暴風と雨。

虫の知らせってホントにあるんだねと驚きました。

つづく。
OKINAWA スタイル 第3夜へ

投稿者: theboss

最年長から数えて3番目の人。 クルーで最もでかく、クルーに「無駄にでかいだけ」といつも陰口をたたかれていることは秘密。 動きに常に無駄があり、 「無駄に同じ弁当を2個食べる」「無駄に露出する」「無駄に物を分解する」 というように、クルーにつねに「無駄」を指摘されるが、クルーのヤングチームにはなぜか無駄に恐れられる。 nutstownの電気系はすべてこの人。 「ただでかいだけじゃなくて、無駄にでかいんだって。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください