どうも、TheBossっす。


※笑顔のウェインさん

実はわたくしTheBossは自転車通勤をはじめたのですが(北海道の田舎では自動車が普通)、メッセンジャーバッグしか無い為書類やら弁当やらを入れて走ると、とにかくバッグのヒモが肩に食い込む。
しかも自転車といってもフラット用BMXなのでとにかくキツい。

そこで、バックパックでも買いましょうと、インターネットをながめていたところ、奥さんが「またー、この前のWaleのVideoみてバックパックほしくなったんでしょー」っていうので、「ん?なんの話だ?Wale?」
純粋に使いやすい、動きやすい、弁当の汁がこぼれても拭きやすい、こんなバッグを探していた僕は、まぁ参考程度にとVideoを確認。

前半部分に出てきました。バッグ。みどり色。そうそう、こんな感じのシンプルなの。
「おお、これいーじゃん。いい色。いい色。ん、でもよく見るとワニ革っぽいけど・・・。どこのやつよ。」
これからこのバッグがどんなものなのかを思い知らされるのでした・・・

まず、2人でバッグのロゴを確認。
奥さんにYouTubeみせてそれをしゃべってもらう。
「Louis Stewartって書いてる」

聞きながら打つ。そして検索・・・・・ あれ?出てこない。出てくるのは、なんか古ーいCDとか。

「綴りまちがってんじゃないの?」といい確認。
あってる。

こういう時は、Googleだよな。やっぱり。ということで、再度検索・・・・・・ 出てこない。

んじゃ、日本だからだめなんだ!!ということでGoogle Englishへ移動、再度検索・・・・・・ 出てこない!!


※ご満悦なドレイクさん。キャッシュマネー、ヤングマネー。

よし、わかった、こういう時は、「Louis Stewart Bags」だべ。

やっと出てきたバック達。
しっかし、見るバッグ見るバッグ全部高そう。そう、俗に言う「見るからに高そう」

見るからに高そうだから、いくらぐらいよ!ホントーに手が届かないのか!と小市民TheBossは無駄な抵抗をしようとしたのですが、なんと、金額がどこにも出てない。
ホントーにどこのブログにも出てない。必死で英語ブログみてるのに。
そんななか、デザイナーさんらしき人のTwitterを発見。そのプロフィールを見てみると「店にはないよ」的な言葉が。

「そしたらウェインさんとかはどーやって買ってんのよ!」と奥さんとぐだぐだいいながら、小市民TheBossは最終手段「Louis Stewart Bags Price」での検索を試みました。

・・・・・・・ないなー、ないなー、あ!


※自慢げなリック・ロスさん

$2,500

$5,000

手も足もでないとはこういう事です。
ゼロ2個多い。

問題のバックパック。YouTubeにでてら。

僕はナイロン製のがいいです。

投稿者: theboss

最年長から数えて3番目の人。 クルーで最もでかく、クルーに「無駄にでかいだけ」といつも陰口をたたかれていることは秘密。 動きに常に無駄があり、 「無駄に同じ弁当を2個食べる」「無駄に露出する」「無駄に物を分解する」 というように、クルーにつねに「無駄」を指摘されるが、クルーのヤングチームにはなぜか無駄に恐れられる。 nutstownの電気系はすべてこの人。 「ただでかいだけじゃなくて、無駄にでかいんだって。」

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. LOUIS STEWART 僕も探してたらここに着きました。
    いつか買ってやろうと考えてます。
    もうチョイしたらブート品でるかな?

    1. どうもです。
      LOUIS STEWART。なかなか情報ないですよね。
      僕も気合いがっちり入れて買ってやろうかとおもったんすけど、いかんせん売ってないようです。
      もしかして受注??という疑惑っす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください