カテゴリー
Music&Video

ハードコアを通してみるBIG BROSの生い立ち(日本編)

ど〜も〜。腹減り過ぎると目が回って仕事にならない人と働いているfamilyっす。今日はNUTSTOWN一番若手のBIG BROSについてです。

『ちょっとあんた飛ばし過ぎ。』

強くなろうと単身九州に向かう。そこで彼のルーツである犬×ハーコーを覚える。彼がケンカっぽくなる。

ハードコアはスピードとパワーだと気がつく。お祭りの洗礼を受けお神輿大好きになる。このころア◯ル窒息する。彼がケンカっぽいのもこれのせいか。わっしょい。

彼のタイプ

ピッピーに憧れて間違ってインディアンGERONIMOに憧れる

次回 後編
ハードコアを通してみるbig brosの生い立ち(世界編)です。

作成者: family

そろそろ20代も終わりに近づいてきた人。
最初は違うBlog Nameだったものの、本人がどうしても嫌だというわがままで、現在の名前に。
部屋のブラインドに「誇り」を溜め込むナイスなガイは、

「電話に出る声が騒がしい」「家に入ってくる時騒がしい」「休日がもっとも騒がしい」

最終的には自分の電話のでかたを人に真似されてしまう始末。
nutstownでは音楽担当。
「今日、エアロスミスのボーカルに似たおばさんきた!!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください